ざっくりした神話の世界へようこそ!Part①「ゼウス」

スポンサーリンク
神話

神様も色々いるんですね

「神話」という言葉を耳にした時、皆さんは何を想像しますか?

ギリシャ神話、エジプトの神話、インドの神話、ヨーロッパの神話、日本にも神話はありますよね。

私は「モンスト(モンスターストライク)」のキャラクターが浮かんできますね。(結構モンストのキャラクターには神話に登場する神様がたくさんいます)

神話を知ると普段使っている言葉の語源が神様の名前だったり、人間の行動の名前の由来だったり、神様も人間っぽいところがあるなと、

新しい発見がありますよ。(雑学も身につきますよ)

ざっくりギリシャ神話

まずは、神話といえば「ギリシャ神話」でしょうか。

本日の神様:ゼウス

ゼウス:オリュンポス12神をはじめとする神々を束ねる、天空の王者。雨や雲などの空に起こる、さまざまな現象を司る神。

特に雷霆(らいてい)と呼ばれる武器から放つ雷と稲妻の力はすさまじく、ほかのどんな勢力をも圧倒する。

ローマ神話ではユピテルと呼ばれ、英語名はジュピター。

お父さん:クロノス

お母さん:レア

お兄ちゃん:長男ハデス(地下)、次男ポセイドン(海)

ゼウスの特質:「空前絶後の浮気性」 古代のギリシア人は一夫一婦制で王といえど後宮やハーレムを作って無数の愛人をもつなどということはなかったから、ゼウスのご乱行は人々にはかなり異様に映ったはず。

それでもゼウスが庶民から愛されたのは、嫉妬深い妻ヘラをなだめすかしながら結婚生活を続け、その一方で妻の目を盗んでは、あちこちの女神やニンフ(精霊)、人間の女性にこまめにアタックを続け、

結果として多くの子孫をもうけたエネルギーと俗っぽさにあるのではないだろうか。

 

有名なゼウスのざっくりご紹介でした。いかがでしたか?

なんだか神様も人間と同じような?(浮気はいけませんが)感じがしますね。

これはほんの一部分の抜粋なのでもっと知りたい方は下記にギリシャ神話に関する本の購入リンクを設置してあるのでどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました