10000円の大事典!

スポンサーリンク
経験談

自分への投資してますか?

私のお小遣いは月2万円です

この金額が世のお父さんと比べて高いか低いかはわかりませんが、先日お小遣いの50%となる1万円の大事典を買いました。

こちらです。

今まで生きて来た中で一番高い本です。

以前に臨床心理士の本を買いに書店を訪れた時に存在は知っていました。というか、手に取って見ました。

その時は「うわっ!高っ!」と思い棚に戻しました。

今回書店に行った時もそいつ(大事典)が居ました。

高いのは分かっていましたが、手に取りパラパラとめくってみると、今勉強している単語や言葉がとても詳しく書いてあり、

どうしても欲しくなってしまい、「えいっ!」と脇にかかえレジに向かい購入しました。

なぜだか躊躇はしませんでした。(うそです。少し躊躇しました。)

「本気で心理カウンセラーを目指すなら、それを行動で示してみろ!」とその事典が言っているような気がしました。

家に帰って事典を読んでみると、面白くて仕方がありませんでした。

事典が面白いなんて人生で初めての経験です。

それだけ、「心理カウンセラー」と言う職業に本気なんだなと思いました。

正直今まで他人の顔色をうかがったり、他人からよく思われたいという気持ち(心理)がすごくありました。

それは、人の心理がよく分からないから恐怖心や嫉妬、不安、などの感情が湧いてきていたのでしょう。

今は心理学を勉強することで、人の精神的、心理的なメカニズムが少しずつ分かってきました。

そのおかげで過度の不安や恐怖心は薄れています。

それだけ他人の事を気にしているということは、他人の心理に興味があったということでしょう。

今はそう解釈しています。

長い時間(今年で46歳)かかりましたが、ようやく本当にやりたい事に出会った気がします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました