元気をなくした時の心理学 [ストレス]

スポンサーリンク
心理学

ストレス

ストレスを感じない人はいないのではないでしょうか。ストレスとは、心身に負担がかかった状態です。

カナダの生理学者ハンス・セリエ(1907~1982)は、ストレスを引き起こす要因をストレッサー、

それによって起こる心や身体の変化をストレス反応と呼びました。

ストレスがたまりすぎると病気になってしまう

ストレスは、刺激に対する反応ともいえます。つまり、生きている限り、ストレスから逃れることはできません。

ストレスには、よいストレス悪いストレスがあります。

前者は自分を奮い立たせてくれたり、勇気づけてくれたりする刺激と、その状態です。

後者は、悪い人間関係や不安、過労など、自分の心身に悪い影響を及ぼす刺激と状態です。

長い間悪いストレスを受けたり、非常に強いストレッサーを受けると、私たちの心は疲れ果て、その結果、病気になってしまうこともあります。

職場での人間関係に悩んだり、厳しい仕事状況で肉体的に疲れてストレスがたまるなどしてうつ病に陥ったり、

イライラが募って拒食症や過食症といった摂食障害になることもあります。

また、突然冷や汗が出て呼吸ができなくなるパニック障害などもストレスが要因と考えられます。

ストレッサーは大きく分けて内部的ストレッサー外部的ストレッサーがあります。

内部的ストレッサーには心理的ストレス(人間関係や経済的な不安などから生じる感情的な歪み)と

生理的ストレス(肉体疲労や病気など)が、外部ストレッサーには物理的ストレス(暑さや寒さ、騒音など)、

科学的ストレス(酸素の過剰・欠乏、薬物、栄養不足など)、生理的ストレス(病原菌、炎症など)があります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました