人間の成長で見る心理学 [ライクとラブ]

スポンサーリンク
心理学

青年期 ライクとラブ

相手と交際しているつもりでいたら、実は単なる友だちと思われていた。

これは本人にとっては笑い話ではありませんが、ライク好意)とラブ恋愛)の違いはなかなか判断できないものです。

心理学が明かすライクとラブの違い

誰もが知りたいこの違いを分析したのが、アメリカの心理学者ジック・ルービンです。

彼によれば、ライクは尊敬や単純な好意、親近感に代表される感情です。

つまり、相手に対して尊敬の念を感じたり、自分とよく似ていると感じたり、単純にいい人だなどと感じるのがライクです。

 

逆にラブは、独占、依存、自己犠牲というキーワードで形づくられます。

相手なしでは自分の人生が考えられなかったり、誰にも渡したくないと感じたり、相手のためならどんなこともできる

という情熱の高さがポイントになります。

ルービンの調査

ルービンは、実際のカップルを対象に、その尺度が正しいかどうか調査しました。

その結果からも好意と恋愛は別々のものであることがわかっています。

また、男性の場合は相手の女性が友達から恋人へと変わることがあるのに対し、

女性は恋愛と友情をはっきり区別していることがわかりました。

 

ライクではなくラブの対象であってほしいと望む男女は多いでしょう。

そこで役立つのがアハ体験です。(アハ体験とは?)←こちらをどうぞ。

仕事でも遊びでも「やったー!」と思える瞬間があります。

男女でも、相手の心にグッと近づく瞬間があります。

それがアハ体験です。

相手のちょっとした変化に気づき、その時にきちんと対応することができれば、好意の返報性(こういのへんぽうせい)も手伝って、ラブの度合いが高まります。

好意の返報性とは?)←こちらをどうぞ。

 

ルービンのライク・ラブテスト

ルービンの心理テストをしてみよう。

①~⑥の問いが「ライク」、➐~⓬の問いが「ラブ」の項目。

➐以降に〇がつけばつくほど、あなたは相手を真剣に愛しているということになる。

 

ライク・ラブ度テスト

はじめに、相手となる人の名前を問いの( )内に入れ、質問に合っているなら〇を、

間違っているなら✖とする。

 


①(    )は順応性*があると思う。(※順応性→周りの環境の変化に合うように、行動なを変えること。)


②(    )は他人から賞賛されるような人なれると思う。


③(    )の判断力を信頼している。


④(    )をグループの代表に推薦したいと思う。


⑤(    )と私は、お互いによく似ていると思う。


⑥(    )と一緒にいるとき、2人は同じ気持ちでいられる。


➐(    )と一緒にいることができないなら、惨めな思いをするだろう。


❽(    )のいない生活はとてもつらいだろう。


❾(    )が嫌な思いをしているときには、元気づけるのが私の役目である。


❿(    )のためになら、どんなことでもするつもりである。


⓫(    )になら、どんなことでも打ち明けられそうなきがする。


⓬(    )と一緒のとき、かなり長い時間、彼(彼女)をただ見つめていることがある。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました