組織の中の人間行動 [組織の心理学]

スポンサーリンク
心理学

「自分はできる!」という自己効力感が出世を早める

いきなり英単語を300語覚えるのは、誰にも至難の業ではないでしょうか?

しかしこれが1日3語ずつ100日に分けて覚えるとなれば、何となくできるような気がしてきます。

自己効力感

カナダの心理学者アルバート・バンデューラは、この自分にもできるだろうと予期(確信)する感覚を

自己効力感と呼びました。

つまり、「自分はここまでできそうだ」という感覚が、次の行動を引き起こすのです。

自己効力感が高い人は「よしやってやるぞ」と前向きに思うことができ、

一方、自己効力感が低い人は「自分には無理だ」とマイナス思考になって行動を起こせません。

自己効力感を高めるためにはどうすればよいか?

バンデューラは4つの源泉を挙げています。

最も重要なのが達成感で、自分で行動して達成できたという体験のこと。

二番目は代理経験。他人の達成体験を観察し、自分にもできそうだと感じること。

三番目は言語的説得周囲から自分には能力があると励まされることも必要です。

最後生理的情緒的高揚。苦手な場面を克服できたことで自己効力感が強くなります。

成功体験の積み重ね

結局、出世の早い人というのはコツコツと成功体験を積み重ねていくことで前向きな自己を形成し、

そのことによってもっと大きなチャンスをつかんでいくことができる人だといえます。

 

 

 

自己効力感の四つの源泉

行動を起こすには、自己効力感(自分にもできるだろうと予期する感覚)が必要になる。それを生み出すのは以下の四つ。

①達成体験

自分で行動し、何かを成し遂げたという達成感を持つこと。

 

 

②代理経験

周りの人が達成・成功している体験を観察し、「これなら自分にもできそう!」という気持ちを持つ。

 

 

③言語的説得

「あなたならできる!」と周囲から繰り返し説得される。ただし、それだけでは自己効力感はいずれは消滅してしまう。

 

 

④生理的情緒的高揚

苦手だと感じていたのに、落ち着いていられた、赤面せずに話ができたなど、苦手意識を克服する。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました