アハ体験

スポンサーリンク
心理学

アハ体験

人が心に描いた問題を解決するまでには、以下の4つのステップがあるといわれています。

①準備期

②温め(孵化)期

③開明(ひらめき)期

④検証期

たとえば

企画書がうまくまとめられず、取りあえず手を動かして何か紙に書きつけているときの状態は

①準備期または②温め(孵化)期でしょう。

それが③開明(ひらめき)期の段階になると、

突然「あ、そうか」と心にストンと納得できるものが降りてきます。

英語の間投詞ahaは「ああ、なるほど」といった意味に使われることから、

アハ体験

と呼ばれています。

このアハ体験の瞬間、人は0.1秒間に脳内の神経細胞が一斉に活性化するといわれています。

アハ体験は、スポーツ、音楽、恋愛、発明など、問題解決を創造的に行わなければならないようなさまざまな場面でもたらされる感動体験です。

これをたくさん体験するには、日ごろからその課題について考え続ける(スポーツや音楽で言えば練習し続ける)

①準備期や②温め期に当たる準備や、温めが重要といえるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました