人づき合いの心理学 [人間関係(結婚・恋愛)]

スポンサーリンク
心理学

恋愛・結婚のパートナーとなる決め手は何?

人はどのようにして恋愛や結婚の相手を決めるのでしょうか。

自分に似た人をパートナーに選ぶ傾向

アメリカの心理学者バーシャイドらは、自分に似た人をパートナーに選ぶ傾向があるとしました(マッチング仮説)。

つまり、人は自分よりも魅力的な人に拒否されることを恐れるとともに、自分より魅力的でない相手を拒否する結果、

似た者同士のカップルが誕生するというわけです。

また、出会った瞬間はお互いのことがよくわからないために、類似点を見つけて強い親近感を得ることで(※類似性の法則

(※価値観が似ていて同じような経験をしていること。)

恋愛は進行するともいえます。

結婚を考えた場合

相補性も重要になってきます。

(※自分にないものを持っていること。)

たとえば大ざっぱな性格の女性の場合、それを補う几帳面な男性を夫とした方が、家庭生活はうまくいきそうです。

創造過程の四段階

結婚は、男女が新たな絆をつくり出す創造的な行為です。この人と結婚していいのかと迷ったとき、あるいは

誰と結婚するのがいいか迷ったときに活用したいのが、イギリスの心理学者グラハム・ワラスが提唱した創造過程の四段階です。

創造過程の四段階で最高の人を見つける

ワラスは、何か新しいものが生み出される時には、次の四段階があると考えました。

例として結婚相手を選ぶ場合で考えてみよう。

 

①準備段階

出会いのきっかけを増やすため、積極的に飲み会や交流会に参加。

 

 

②孵化(ふか)段階

デートの機会を重ね、相手のことをより深く知るようになる。

 

 

 

③啓示段階

ふとした瞬間に「この人と結婚するんだ!」という確信が心の中にうまれる。

 

 

④検証段階

家族や友人に紹介し、周りの反応もうかがいながら結婚相手としてふさわしいかどうかを検証する。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました