組織の中の人間行動 [集団心理学]

スポンサーリンク
心理学

反対意見が言えなくなる集団心理と不敗幻想

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」。

昔そんな言葉が流行ったことがありましたが、集団になると陥ってしまう心理行動に集団思考と呼ばれるものがあります。

不敗幻想

集団思考(集団浅慮)の研究で有名なアメリカの心理学者アーヴィング・ジャニスは、集団思考において一番大きく働く力を不敗幻想と呼びました。

自分が属している集団こそ力があり、個々人もそのため必死に働いている、だから私たちの集団はどんなことでも乗り越えていけるという幻想です。

不敗幻想がその集団を支配すると、集団の結束を乱すような反対意見は言えなくなります。

常に全員一致が原則になりますから、新たな問題が発生したときの対応は遅れ、

よい方法があっても多数意見でなければ否定され、有効な方法は採られにくくなります。

最悪の場合、群集による集団暴行やリンチ事件まで引き起こします。

このような行動は日ごろの欲求不満が原因です。欲求不満が積み重なり、はけ口を求めて一気に恐ろしい行動に走るのです。

普遍感

特に、他人同士で構成された集団であれば責任感も薄れます。

誰もが同じことをしているのだから、悪いことではないと思ってしまうのです。

これを普遍感といい、人間にはもともと多数の人の価値観に倣(なら)っておけば間違いないと思う心理がはたらくようです。

集団で赤信号を渡る行為などはまさにそれに当たります。

集団思考には多くの問題点があることを理解したうえで、自由に意見を言い合える雰囲気づくりをしておくことが大切です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました