性格と深層心理の分析 [マズローの欲求5段階説]

スポンサーリンク
心理学

人間を成長させてくれるマズローの欲求五段階説

人間の欲求には限りがなく、どんなに裕福な暮らしをしていても、それに満足できず、また次の欲求が起こってきます。

しかし、欲求不満が生じるのは悪いことではありません。それは人間が進歩する原動力になるからです。

アメリカの心理学者マズロー

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、人間の基本的欲求を4つに分け、1つの欲求が実現されると、

さらに上位の欲求(成長欲求)が生まれるとしました。

基本的欲求

基本的欲求の1番目が生理的欲求です。飢えを満たすための「食べる」、喉の渇きを満たすための「飲む」、

そのほかに「排泄する」などの生きるために最低限必要となる欲求です。

2番目が身の安全と生活の安定を確保するための安全欲求です。

3番目が社会的欲求で、自分が所属する集団に受け入れてもらいたい、愛する人が欲しいなどの欲求です。

最後が他人から認められたい、尊敬されたいと願う尊厳欲求です。

これら4つの欲求は、1つずつ満たされるごとに階層的に次の欲求へと進みます。

また、1つの欲求をクリアするごとに人は成長していきます。

たとえば

衣食が満たされれば安定して住める家を求め、それができれば次にはよい仕事をしたい、結婚して幸せな家庭を築きたいと望み、

最終的には人から尊敬される人間になりたいと思うようになります。

基本的欲求のすべてが満たされると、さらに上位の欲求である成長欲求(自己実現欲求)へと進み、

自分の能力を最大限に発揮し、自己の可能性を高めたいと願うようになります。

この欲求に従って行動できるようになると、人生に手応えを感じることができるといいます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました